あたり一面に広がるひまわり畑の撮影に使ってみる【タムロン SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD G2】

うさ吉のカメラノート

近所にひまわり畑があると知って行ってみることに。

先日購入したタムロンの広角ズームレンズ「SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD G2」ももちろん連れていきました。

こんなダイナミックな構図で撮れるのは広角レンズの醍醐味。

脚立の上から。
標準レンズではここまでの「広々感」は撮れない。

被写体にグイッと寄ってもなお背景がたくさん映り込む。主役に選んだ以外のひまわりたちも、森も。

日の丸構図もまたよし。

奥行き感。

空の広さも表現しやすいかな(この日は曇ってたけど)

こういうのぼりと背景を一緒に写し込むのも、広角レンズだとやりやすい。

ローアングル3連発

本当に…本当に…大きかったんだよ。
2m近いひまわりの大きさや囲まれてた感を伝えるのに必要なのは、広角&ローアングル。地面に這いつくばっても標準レンズではここまでには撮れない。広角の世界。

コメント