ヤマノススメ19巻を読んで ほのかの使うフィルムカメラ「PENTAX ME」を購入してみました

うさ吉のカメラノート

手にするのは人生初です。
フィルムカメラ「PENTAX ME」を購入してみました。

ヤマノススメでフィルムカメラに興味を持つ

フィルムカメラにはずっと憧れみたいなものはあったんですけど、デジカメと違って不便なことも多そうだし敢えて手を出すこともないだろうと見送っていたんですが… 

 

ヤマノススメ19巻「百五十七合目 フィルムカメラで初心に戻る」を読んだらなんだかいいなと思って決意。「これで撮ってみるといいらしいぜ?」とお兄ちゃんがほのかに勧めていたフィルムカメラ「PENTAX ME」を購入してみることに。

ボディは決まったけどレンズはどうしよう?

せっかくだし、レンズもほのか仕様にしたい!
と思って漫画を読み返してみたのですが、作中で具体的な描写がなかったため、ほのかが使っていたレンズがなんなのかはわかりませんでした。

PENTAX-M 1:1.7 50mm

写真といったら50mmにはじまり50mmにおわる、とはよく聞く言葉です。50mmでPENTAX MEでよく使われているレンズはなんだろう。と探した結果「PENTAX-M 1:1.7 50mm」がおすすめのようなのでこれにしました。

どこで買おう?メルカリで買いました

買うものが決まったらどこで買うか。カメラのキタムラで買おうと思っていたんですが、あまり中古市場に出回らないのか、毎日キタムラのサイトをチェックしてても入って来る気配がありませんでした。

メルカリのほうが流通しているのかなと思って見てみたら案の定多くの人が出品していました。

これこれ、これがほしいやつですよ。
と思いつつ心理的な抵抗もありました。

ハズレを引いてしまったらどうしよう、というやつです。

メルカリにはトラブルが起きにくくなるような仕組みが入っていることは知っていますが、変なことで時間も精神も消耗するのはいやだなぁ・・・・

とはいえ、キタムラやその他リアル店舗にいつ入荷するかなんてわからないし、メルカリの出品具合を見てると、いまわたしの欲しているようなアイテムたちは、むしろメルカリ市場での流通が活発であり、外に出てきづらくここで買うしか無いのではと思うように。

メルカリはアカウントをつくってみたものの、売るのも買うのも、したことがありませんでした。

なので今回がはじめての”取引”です。

 

値段だけに惑われずに、写真を見て説明を読んで、安心できそうな方を選びました。カメラとレンズをセットで出品している方も居たのですが微妙そうな気がしたので除外した結果、バラバラに買うことに。

 

  • フィルム一眼レフペンタックス ME(シルバー)  3,500円(送料込み)
  • ペンタックス SMC Pentax-M 50mm F1.7 5,290円(送料込み)

合計 8,290円。
1万円でお釣りが来るなんてお買い得感あります。

深夜のノリも手伝い注文しちゃいました。翌日の午前中には、ふたりの出品者から当日中に発送しますよの丁寧な連絡があり、実際連絡どおりに出品され、翌日には受け取ることができました。

PENTAX ME が届いた!

カメラもレンズも緩衝材を使ってていねいに梱包されてました。

 

まずはレンズから。小さくて軽い。かわいい。

 

余談

ちょっと驚いたのは、レンズキャップも裏蓋も付いていなかったこと。あれ?と思ってメルカリ出品者さんの商品ページの掲載写真見たらたしかにレンズ本体だけしか写ってませんでした。おおきな実害があるわけでもないし、お値段も「付属品なし」を織り込んでのことでしょうから、文句があるわけでは決して無いのですが、商品ページってのはちゃんと確認しないといけないなぁと感じました(写っているものがすべてというのはメルカリでよくあるルール?みたいなものなので、付属品が重要なものを取引するときは気をつけよう)

 

カメラ。PENTAX MEです。

レンズに負けず劣らずカメラもちっこくてかわいい。見た目の割にズシリとした重みがあります。これがまた所有欲を刺激する。

このPENTAX-MEは1976年(46年前)に発売されたモデルなので、キズも覚悟してたのですが、製品自体が頑丈なんですかね? 所有者がたいせつに使ってきたこともあるのでしょうね? 本当に半世紀もむかしのものなの?と思えるほどきれいでした。

 

もちろんキズはあります。でも50年生きてきたらこれくらいはあるさ。人の手を渡ってきたと思うと感慨深さもあります。

 

レンズを装着してみました。よき〜〜〜〜〜。かっこいいっ!

そうそう。ほのかが使っていた、PENTAX MEはペンタリズムも含めて全身真っ黒でしたね。どうやらPENTAX MEにはブラックとシルバーの2種類があったようです。わたしがメルカリでGETしたのはシルバーモデル。ブラックもいいなぁと思いますが、わたしはこのシルバーモデルをだいじに使っていきたい。

 

背中がボロボロ(笑) 一瞬、む〜〜〜〜〜!と思ったんですけどね。そりゃ50歳ですからね。仕方ないさ。こんなもんよ。

黒い額縁みたいなところには、フィルムの箱を千切ってつくるメモ帳みたいなのを挟んでおける場所らしいです。いつどこで撮ったのかをメモしておいて、撮り終わったあとフィルムケース(半透明のあれ)にでも入れるのかな? 当時の雰囲気を味わうべく使ってみたいなと思ってます。

 

フィルムを装填する箇所

開け方がわからなくてネットで調べる。
グルグルを引っ張ったらパカーンって開きました。

 

露出計を動かすのに必要なボタン電池を入れる場所

 

PENTAX MEに対応したボタン電池は、LR44らしい。

以前デジタルノギスで使うからと買ったボタン電池「SR44」 SR44とLR44の違いは電圧の違い。LR44ならやすいしコンビニでも買えるというのに、デジタルノギスではSR44じゃないとダメっていうから電気屋さんで買ったんだっけか。

 

PENTAX MEの仕様上はLR44を使うようになってるそうなんだけど、ネットで調べた限りは、SR44でもLR44でもどちらでもよいらしい。まぁ、わざわざ高いSR44を使うこともないし、LR44ならコンビニでも買えるので、コンビニ行って買ってきますわ。

 

PENTAX MEを使うまでにあと買うもの

  • フィルム
  • ボタン電池 LR44
  • ストラップ
  • レンズキャップ または カメラをくるむもの(布とか)

メルカリで買ったレンズにはキャップが付いてなかったんだけど、さすがにレンズをむき出しにしておくのはちょっと・・ね。傷つけちゃったらいやだし。キャップ(経が合えば市販品?でもはまるのかな??)か、カメラ全体をやさしく包んで保護できるような布がほしいなぁ。

 

フィルムはこういうのか。
3本パックで3000円超え(1本1000円以上するのね…!高級品)

気軽にポンポン撮れない。
ほのかのように「いま本当に撮りたいのか?」と自問することになりそう。

PENTAX MEを持ってどこへ行こう

めんどうなものを買ってしまった。
でもいちど手にして使ってみたかったんだよね。フィルムカメラ。

わたしはどっちかっていうとデジカメで「記録用」としてバシャバシャ撮りまくってしまうニンゲンなので、1枚1枚被写体と向き合って撮るってことをしてこなかったんですよ。

フィルムカメラでちょっと意識変わるかな。
フィルムにも現像にもお金かかるし「撮るぞ」って覚悟を持って臨みたいところ。

身近すぎる日常の延長線よりは、小旅行するような場所のほうがいいよね。
それでいてまったく知らない場所や被写体よりも、ある程度馴染みのあるほうがいいよね。

それってどこだろう。
秩父かな。

小鹿野町でダリアが咲きだす頃だし、今月PayPayキャンペーンもやってるし、ちょうどよさそう。

どんな写真が撮れるのかワクワクです。

2020.09.06 追記 ボタン電池買ったよ 露出計動いた!

セブンイレブンでボタン電池 LR44(1個入り 160円くらいでした)を買ってきて、バッテリー室にセットしたものの、露出計が動きません・・・!

なんで?と思って調べてみたところボタン電池は2個必要でした。

セブンへ行って同じものをもうひとつ買ってきて、バッテリー室に2つのボタン電池を重ねてセットしたところ…

露出計が動きました!
シャッターボタンを半押ししたら露出が計算されて、いまの絞りでいまの被写体を撮影するために必要なシャッタースピードが計算され、その結果がファインダー内のシャッタースピード(OVER 〜 1000, 500, 250 〜 … 〜 2S, 4S, 8S, UNDER)の欄に赤い丸「○」が点灯しました。

PENTAX MEを使うための準備がひとつ完了しました。
うれしいな。

フォトギャラリー(写真置き場)

2020.09.05 23:30 追加

コメント