Amazonではじめて置き配注文してみた

エレコムの背景シート(A3版)をAmazonでポチった。

先日この商品の(A4版)を購入して使ってみたところ良さそうだったため、本命だった大きいサイズも使ってみようと思ってのことだ。

この商品の購入には問題があった。

大きいサイズであるためコンビニ受取の指定ができないのだ。つまり自宅で受け取るしかない。

配達の方が来る時間帯に居なきゃいけないのは不便だし再配達をお願いするのも申し訳ない。

コンビニ受取だったらそうしたことがすべて解消していたというのに。

とはいえできないのなら仕方ない。

自宅で受け取ろうじゃないか、とAmazonの注文確定画面まで進んで気がついた。

 

「置き配指定」という項目が増えていたことに。
「置き場所」は玄関と表示されている。

 

これが先日話題になっていた「勝手に置かれていった問題」か。

ピンポンされることもなく、不在連絡票も入れられることもなく、気がついたら頼んだ荷物が玄関に置き去りにされていた。どうなってるんだー!!

と騒いでいる人がいたっけか。

  

この「置き配指定」のことだったんだろうなあ。

この「置き配指定」の欄。強調表示されているわけでもないのでいつもどおりポチポチ進めてしまうと気が付かない人も居そう。

 

置き配指定の隣にある「変更」を押すと

  • 置き場所を指定する
  • 置き配を利用しない(いままで通りピンポン)

の選択肢が表示される。

ここで「置き配を利用しない」を選ばない限り、勝手に置いていかれてしまうというわけだ。

荷物の盗難の危険性があるわけだがそこはAmazonが保証してくれるらしい。とはいえすぐに使いたくて注文している場合再発送を待ってられないってこともあるわけで…そうした人は「置き配を利用しない」ようにしないといけないんでしょうね。

 

置き場所のデフォルトは玄関。
ほかにいくつかの候補があり、指定することが出来る。

  • 宅配ボックス
  • ガスメーターボックス
  • 玄関
  • 自転車かご
  • 車庫
  • 建物内受付/管理人

 

ガスメーターボックスなんかは扉が閉まるでしょうから人目に触れないようにするにはよさそうですね。そこに収まるサイズである限りは。

 

今回わたしが注文した品は大きいためガスメーターボックスなんかには入らない。

繰り返しになるが大きいサイズな関係でコンビニ受取が指定できない。

仮に盗難になったとしても再発送の対応で問題ない(急ぎの品ではない)

コロナ騒ぎで対面での受け渡しもお互い控えたいであろう

ということを踏まえ、置き配を試してみることにした。

 

届くのが楽しみである

コメント