もしも自分が新型コロナウイルスに感染したら もしも一気に重症化したら なにをすべきか

タバコは吸わないし
まだ若い方…ではあるが

もしも新型コロナウイルスに感染してしまったら100%無事に生き残れるという保証もない。

どうなるかなんてわからないのだ。

 

もしものときには

あんまり周りに迷惑のかからないようにしておきたい

そこでなにをすべきかリスト化しておくことにした

 

クルマの売却・返還

2019年7月にクルマを購入した。

一括で購入する資金がなかったため、残価設定型クレジットローンでの契約だ。

ようするに借金がある。

5年後に、クルマを返却するか残価を支払って購入するか、どちらかを選択することになっているのだが、途中で死んでしまったらどうなるのだろう。

気になるのは5年という期間が到来する前に、返却が可能なのかどうかということだ。

仮にコロナに罹って熱も出て兆候が見られたとする。

その時点で外に出るなって話はあるのだけど、自分以外の誰かにクルマを預けられるケースとして、以降の話を進める。

クルマをディーラーに持っていき返却すれば、5年を待たずに契約終了ということにできるのだろうか。ただ5年間利息を払う(それが相手方の儲け分になる)という前提での契約だから、早めの返却となれば追加費用の支払いが必要になる可能性は高い。

 

残価設定型クレジットローンの契約書。

細則まで事細かには読んでいなかったけれど書いてあるかも知れない。

書類引っ張り出してきて確認してみようと思う(あわせてディーラーの担当者さんにも)

クレジットカード引き落とし口座への十分な入金

カードで買物をよくしているので引き落とし額は毎月そこそこある

そのカードで引き落とし掛かる口座は売上金の入金される口座とは別のため、毎月必要な額を入金するようにしているのだが、万一のこととなってしまった場合、それらができなくなってしまう

マズイなと思ったら

カードごとの利用金額を合計してまとめて引き落とし口座に入金しておこうと思う

賃貸と駐車場の解約

見切り発車になるかも知れないけれど、考えておきたいことである

幸い、いま借りている部屋は連帯保証人を立てていない(保証会社に保証してもらっている)

そのため家賃の入金ができず支払いが滞ったとしても、身内に不幸が及ぶことはない そこは安心できる

しかし当然のことではあるが、大家さんに迷惑がかかることになるのは避けられない 

どうしたらいいんだろうね??

病室から「やばそうなんで解約します。もうぜんぶ処分してもらって結構です(その費用も含めて入金しておきますんで、とか?。)」とでも連絡するのだろうか

それともこんなことをゴチャゴチャと考えておく必要なんてなくて。
そういうときも保証会社がうまく立ち回ってくれるんだろうか

これも聞いてみないとわからないなー。

コメント