【メニュー設定項目】SONYのビデオカメラ「FDR-AX60」

ソニーのビデオカメラ「FDR-AX60」ってどんなことが設定できるんだっけ?

と毎回思ってるので、いつでもWebで見返せるよう、メニューでの設定項目についてまとめました。

スポンサーリンク

撮影モード

動画

静止画

タイムラプス撮影

なめらかスロー録画

ゴルフショット

ハイスピード録画

カメラ・マイク

マニュアル設定

ホワイトバランス

色合い(ホワイトバランス)を変更します。

オート自然な色合いになるよう自動調整します。
屋外屋外や昼光色蛍光灯に合わせます。
屋内屋内や電球の光に合わせます。
ワンプッシュ取込ボタンで取り込んだ白色を基準にします。

Spot測光フォーカス

タッチした所にピントと明るさを合わせます。

スポット測光

タッチした所に明るさを合わせます。

スポットフォーカス

タッチした所にピントを合わせます。

カメラ明るさ

撮影画像の明るさの調整方法を設定します。

オートカメラが自動調整します。
マニュアル手動で設定した明るさに固定します。

フォーカス

ピント合わせの方法を設定します。

オートピント合わせをカメラが自動で行います。
マニュアルピント合わせを手動で行います。(0.1m〜8.8m〜∞)

絞り

撮影時のカメラの絞りを設定します。

オートカメラが自動調整します。
マニュアル手動で設定した絞り値に固定します。(F3.1〜F11)

シャッタースピード

撮影時のシャッタースピードを設定します。

オートカメラが自動調整します。
マニュアル手動で調整したシャッタースピードに固定します。(8〜10000)

AGCリミット

ゲインの自動制御の上限値を設定します。

AGC↑ OFFゲインの自動制御の上限値を設定しません。
AGC↑ 24dBゲインの自動制御の上限値を設定します(24dB)
AGC↑ 21dBゲインの自動制御の上限値を設定します(21dB)
AGC↑ 18dBゲインの自動制御の上限値を設定します(18dB)
AGC↑ 15dBゲインの自動制御の上限値を設定します(15dB)
AGC↑ 12dBゲインの自動制御の上限値を設定します(12dB)
AGC↑ 9dBゲインの自動制御の上限値を設定します(9dB)
AGC↑ 6dBゲインの自動制御の上限値を設定します(6dB)
AGC↑ 3dBゲインの自動制御の上限値を設定します(3dB)
AGC↑ 0dBゲインの自動制御の上限値を設定します(0dB)

AEシフト

カメラの自動露出をお好みで調節できます。

自動露出を調節しません。
自動露出を調節します。(EV:-1.0 〜 + 1.0 0.25刻み)

WBシフト

ホワイトバランスをお好みで調節できます。

ホワイトバランスを調節しません。
ホワイトバランスを調節します。(WS:-4 〜 +4 1刻み 9段階)

Low Lux

薄暗い場所でも明るく撮影できます。

Low Lux機能を使いません。
Low Lux機能を使います。

カメラ設定

シーンセレクション

シーンを選んで撮影します。

オートカメラが自動調整して撮影します。
夜景三脚を使用して夜景をきれいに撮影
日の出&夕焼け朝焼けや夕焼けの風景を色鮮やかに撮れます
打ち上げ花火打ち上げ花火をきれいに撮影
風景遠景にピントを合わせ風景などを撮影
ポートレート背景をぼかし人物を浮き立たせて撮れます
スポットライトスポットライトによる顔の白飛びを防ぎます
ビーチ海や湖畔など水の青さを鮮やかに撮影
スノー白い風景を明るく撮影

(Low Luxが入の状態では使用不可)

ピクチャーエフェクト

画像に好みの効果を加えて撮影できます

ピクチャーエフェクトを使いません
トイカメラおもちゃのカメラで撮ったような仕上がりにします
ポップカラー色合いを強調して生き生きとした仕上がりにします
ポスタリゼーションメリハリのきいた抽象的な仕上がりにします
レトロフォト古びた写真のような仕上がりにします
ソフトハイキー明るく、透明感のあるソフトな仕上がりにします
パートカラー指定の色のみをカラーで残し他はモノクロにします
ハイコントラストモノクロ明暗を強調したモノクロにします

(シーンセレクションを利用している場合(オート以外を選択)は使用不可)

シネマトーン

映画のような明るさ・色合いで撮影できます

通常の明るさ・色合いで撮影します
映画のような明るさ・色合いで撮影します

(ピクチャーエフェクトを利用している場合(切以外を選択)は使用不可)

フェーダー

効果を入れながらつなぎ撮りします

フェーダーは使いません
ホワイトフェーダーフェードイン/フェードアウトします(白)
ブラックフェーダーフェードイン/フェードアウトします(黒)

(手ブレ補正で「インテリジェントアクティブ」を選択しているとき、は設定不可)

セルフタイマー

(撮影モードが「動画」の場合は、設定不可)

手ブレ補正(動画撮影)

撮影時の手ブレ補正機能の設定をします

インテリジェントアクティブ最も強い手ブレ補正効果が得られます 全画素超解像ズームが「入」になります
アクティブより強い手ブレ補正効果が得られます 全画素超解像ズームが「入」になります
スタンダード安定した状態での撮影に適しています 全画素超解像ズームが「切」になります
手ブレ補正機能を使いません 全画素超解像ズームが「切」になります

手ブレ補正(静止画撮影)

(撮影モードが「動画」の場合は、設定不可)

デジタルズーム

デジタル処理を使ったズーム機能の設定

デジタルズームを使わない
250×デジタルズームを使う

フィルター/プロテクター

フィルター/プロテクター装着時に画面周辺が暗くなる現象を防止します

画面周辺が暗くなる現象を防止する機能を使いません
画面周辺が暗くなる現象を防止する機能を使います

自動逆光補正

撮影時の逆光補正機能の設定をします

自動で逆光補正を行います
逆光補正を行いません

マニュアルリング設定

マニュアルリングに機能を割り当てます

ズーム「ズーム」の機能を割り当てます
フォーカス「ピント調整」の機能を割り当てます
カメラ明るさ「明るさ調整」の機能を割り当てます
絞り「絞り調整」の機能を割り当てます
シャッタースピード「シャッタースピード調整」の機能を割り当てます
AEシフト「AE(露出)シフト」の機能を割り当てます

コメント