先の先まで季節メニューの内容をお知らせする 高倉町珈琲はすごいな

先日のカンブリア宮殿

「レジェンドVS外食猛者90分SP~絶品店で苦境の外食を変えろ!~(2020.03.12放送)」

に出演していた、すかいらーく創業者の横川 竟氏。

いまは高倉町珈琲を運営している。

 

放送を見て、いまの高倉町珈琲はどんな感じなのだろうと気になってホームページを見てみた。

どんな感じ?と気になったのは、いまの季節メニューのことである。

 

 

上記ページの先頭には見てみたかった季節メニューが載っていた。

内容は以下の通りであった。

春のおすすめリコッタパンケーキ

苺クリームリコッタパンケーキ 1,364円 販売期間 2/20〜3/19

グリーンティークリームリコッタパンケーキ 1,146円 販売期間 3/20〜4/23

ほうじ茶クリームリコッタパンケーキ 1,146円 販売期間 4/24〜6/10

 

驚いた。

季節メニューは一般的に「いま提供しているもの」のみお知らせされていることが多い。

それは意図的に伏せているところもあれば先のことまで手が回らないからなどいろいろあるだろうが、高倉町珈琲は違った。

「次」どころか「次の次」まで告知している。

いちごの次は緑茶。その次はほうじ茶! 先が見えているとなんだかわくわくしてくる。今回行こうか見送ろうか。見送ったとして、でもその次は行ってみようかな?

なんて思えたりもする。

 

先の先までお知らせする高倉町珈琲。

すごいな。

 

コメント