夜のPA ミル挽き珈琲をモデルに見立て 夜景ポートレートの練習なんぞしてみる

昨年、2019年11月にポートレート撮影をさせてもらいました。

歴史系アーティストとして活動されている「さくらゆき」のひとり、北織さよさんの撮影はとても楽しかったし得るものも多かったですね。

また彼女にお願いしたいなぁと思いつつ実践前に練習できることはしておきたいとも思うわけです。その練習しておきたいことのひとつに「夜景ポートレート」があります。よくお台場とか横浜のキラキラな景色をバックにモデルさんも明るく写すやつです。ただれこ、なんにも考えなしにやると失敗しちゃうらしいんですよ。理屈を知りつつ練習もしておきたい。

というわけでやってきました。

こちら北関東道 太田強戸パーキングエリア。1月の夜なのでとても寒いです。モデルは「ミル挽き珈琲 カフェラテ(ホット)」さんにお願いすることにしました。いつもアイスばかり飲んでいるんですけどね、今日はこの日はとても寒かった。なのでホット。

引きで1枚

ストロボ発光あり ISO 1000 1/60 f/7.1 30mm (EF-M18-150mm f/3.5-6.3 IS STM)

 

下から煽り気味にもう1枚

ストロボ発光あり ISO 500 1/60 f/7.1 26mm (EF-M18-150mm f/3.5-6.3 IS STM)

 

背景がほどほどの明るさと被写体深度になるように調整した上で、手前のモデル(ミル挽き珈琲)にストロボを当ててあげる。

といいぞなんて本で読んだのでそのとおりにやってみました。

結果としてはまぁまぁいいんじゃないでしょうか。

アイスじゃなくてホットにしたのもよかった。アイスだと半透明なプラカップですからね。ホットのほうが見栄えしますもの。これからもミル挽き珈琲で練習するときはホットにしよう。

 

以上、夜のパーキングエリアで夜景ポートレート撮影っぽいことしてみようというお話でした!

うさ吉

群馬出身埼玉在住。
趣味(写真や小旅行)についてつらつらと書き綴ってます。

うさ吉をフォローする
未分類
スポンサーリンク
うさ吉をフォローする
うさログ

コメント