桶川市 自転車(ロードバイク)の飛び出し当たり屋がいるらしい… 新車を傷つけられたら敵わんから注意しなくては

【2019年7月31日】

ツイッターで桶川市の文字が飛び交っていた。

どうやらテレビ番組「グッディ!」のニュースになったらしい。

内容はというと

「自転車でひょっこり”飛び出し”迷惑行為」

という見出しで報道されていたそうな。

  

〈特徴〉
 長髪、金髪、黒っぽい服装、サングラス、ロードバイク(ドロップハンドル)

端的にいうと当たり屋。

ただの愉快犯なのかいいがかりをつけたいのかはわからないけど。危ないことに変わりない。

 

その男の出没する場所は桶川市の中山道、桶川駅から国道17号へまっすぐ伸びる細道、ヨークマートなどなど。広範囲に渡る模様。

 

どう飛び出してくるのかといえば。

道路のセンターライン付近、渋滞で混んでいるときにクルマとクルマの間に隠れていて、対向車に向かって飛び出してくる、と。

 

テレビの映像見たけどこれは避けられない。

中山道は時速40キロ制限の道路。渋滞していればもっと低速になることもあるけど、流れていれば当然40キロで走る。たとえ対向が渋滞していたとしても、制限速度内でそれなりに走る(交差点や横断歩道があればもちろん別)

 

ドラレコ(ドライブレコーダー)付けているから、言いがかり男になに言われても証拠は残るからその点は問題ないけど。

問題はクルマが傷つけられた場合よな。

待望の新車に傷つけられたらたまったものではない。

 

この当たり屋、運転速度の低い生活道路だからこんな無茶なことできるんだろうな。さすがに60km出す国道にはでてこないだろう。

桶川市を抜けるときは、国道17号線かバイパスの上尾道路を使おう。

 

スポンサーリンク

  

〈ツイッター〉

うさ吉

群馬出身埼玉在住。
趣味(写真や小旅行)についてつらつらと書き綴ってます。

うさ吉をフォローする
うさ吉の日記ノート
スポンサーリンク
うさ吉をフォローする
うさログ

コメント