OneNote「同期できませんでした」

《解決済み》

Microsoftのクラウドメモ帳アプリ「OneNote」に関してトラブル解決までの情報を記しておく。

スポンサーリンク

結論(解決方法ざっくりと)

《現象》

Mac版「OneNote」において、突然「同期できませんでした」とエラーメッセージが表示されるようになった。

Androidスマホで入力したメモ内容がMac版OneNoteに反映されない。

 

《処置》

  1. サインアウト
  2. サインイン
  3. ノートブックを開く

で直った。

ただし、以下の問題も起きている。

  • 同期できなくなる前にAndroid版OneNoteで入力しておいた情報が消失した。

実施する前に必要に応じてバックアップを取っておくなどの自衛策が必要。

環境

ソフト環境

  • macOS Sieera (バージョン 10.12.6)
  • Microsoft OneNote for Mac (バージョン 16.25 [19051201] )

ハード環境

  • Macbook Air(11-inch, Early 2014 / MacBookAir6,1)

現象

Microsoftのクラウドメモ帳アプリ「OneNote」を愛用しているのだが、数日前から調子が悪い。

いままで出来ていたことが急にできなくなってしまった。

Android版OneNoteでメモした内容をMacで確認しようと思ってOneNoteを起動するも同期されない。

 

タイトルバーにはこんなエラーが出ていた。

(ノートブック名) - 同期できませんでした

 

ツールバーの下「メモエリア」には別のエラーメッセージが表示されていた。

同期エラー このノートブックを同期するには、OneNoteにサインインしてください。 【サインイン】

 

サインインボタンをクリックしてみた。

サインインボタンがグレーになる。

ID/パスワードを入力する画面が開く・・・開・・・・???

しかし、なにも起こらなかった!

  

気がついたらグレーになっていたボタンは元の色に戻っていた(どういうこっちゃ)

 

試してみたことと結果(結果変わらず)

その1(だめでした)

《Mac版アプリのサインインと同期ボタン》

OneNoteを再起動してみた ⇒ 変わらず

OSを再起動してみた ⇒ 変わらず  

 

項垂れていたら、タイトルバーの右端に気になるアイコンを見つけた。

「▲」と「!」が合わさったアイコンだ。

同期エラー

最終動機日時: 2019/05/23  【同期ボタン】

(ノートブック名)

このノートブックを同期するには、OneNoteにサインインしてください。(エラーコード:0xE0000024bdf5h)

同期ボタン。

サインインがダメでもこっちなら・・・

一縷の望みをかけて

試しに押してみよう。

ポチッとな。

 

最終同期日時とタイトルバーが「同期中…」に変わった。

これは期待できるかな?

 

待つ

待つ・・・・

待つ・・・・・・・・・

 

 

同期できませんでした

 

無慈悲である

その2(だめでした)

《One Note Onlineへのサインイン》

現象でググって見つけたこちらの記事。

 

OneNote Onlineにアクセスしてみろと書いてあったのでアクセスしてみた。

 

Microsoftアカウントでサインインを求められた。

(いつのまにか切れていたようだ)

 

そうか。

サインインし直せばいいんだな?

  

OneNote Onlineがブラウザで開いた。

そこにはAndroid版OneNoteで登録した内容が表示されていた。

Mac版OneNoteに同期できていないだけでクラウド上にはきちんと反映されていた、ということだ。

(ここまで確認できて一安心) 

  

ブラウザで認証できていなかった(切れていた)ことが原因だったのかもね?

機は熟した。

ついに、Mac版OneNoteを同期できるときが来たのだ。

 

高校生クイズ。

正解がわかったら全速力で走ってダイブするよね?

ダイブする勢いでMacOneNoteの「サインイン」ボタンを押したわけよ。

 

ダメだった。

泥水を啜るだけであった。

その3(だめでした)

《OneNote Onlineの「OneNoteで開く」ボタン》

「その2」の続き。

引き続き、こちらの記事を読んで見る。

 

OneNote Onlineで試してみるべきことがあるという。

OneNote Onlineのメニューに「OneNoteで開く」があるのでそれを試してみろ、と。

 

これが最後の望みとばかりに押してみた。

ポチッとな。

Microsoft OneNoteを開きますか?

《キャンセル》

《Microsoft OneNoteで開く》

  

迷わず押した。

これで救われると信じて。

しかしそれは蜘蛛の糸であった。

 

ブラウザからMacアプリへ制御が移ったものの、表示されたメッセージは意味不明。どうしていいかさっぱりわからないものであった。

申し訳ございません。お探しのノートを開けませんでした。One Noteでまだ同期しているか、それらを開くためのアクセス許可がないか、移動または削除された可能性があります。

  

奈落の底へ真っ逆さま。地獄行である。

 

 

いろいろと調べて試してみたが手詰まり。

困った。

その4(なんとか復活)

以下の手順を実施した結果「同期できませんでした」問題が解決した。

  1. サインアウト
  2. サインイン
  3. ノートブックを開く

MacでOneNoteが使えるようになった。

詳細は以下の通り。

(以下すべてMac版OneNoteでの処置)

No.概要詳細
1サインアウトメニューバー
OneNote -> サインアウトを選択

このアカウント(***)からサインアウトしますか?

アカウントはビューから削除されますが、変更内容の同期は最後まで行われます。サインアウトを完了するには、アプリを終了してください。
⇒「サインアウト」をクリックする

開いているノートブックをすべて閉じますか?
⇒「はい」をクリックする

★OneNoteアプリ上からノートの情報が消えて、はじめて起動したときのような真っ白になる。
2サインインメニューバー
OneNote -> サインインを選択

IDとパスワードを入力してOneDriveにサインインする。

★サインインが完了しても、ぱっと見の変化は起こらない。
 自動的にノートブックを読み込んでくれないため。
 自分で読み込む必要がある。
3ノートブックを開くメニューバー
ファイル -> ノートブックを開くを選択

すべての人に該当するかは不明だが、一部問題もあったので記しておく。

ほぼすべての情報が同期できたのだが、同期されない情報があった。

それは、同期できなくなる前に、Android版OneNoteで入力しておいた情報だ。消えてしまった。

原因はわからない。もし当記事の内容を参考に対処する場合は、対処前に必要に応じてバックアップを取っておいたほうがよいかもしれない。

原因

不明

処置

  • サインアウト
  • サインイン
  • ノートブックを開く

うさ吉

群馬出身埼玉在住。
趣味(写真や小旅行)についてつらつらと書き綴ってます。

うさ吉をフォローする
うさ吉の日記ノート
スポンサーリンク
うさ吉をフォローする
うさログ

コメント