「環境設定」Affinity Publisherのメニュー

Affinity Publisherのメニュー「環境設定」についてまとめた。

スポンサーリンク

確認環境(Affinity Publisherのバージョン、OS)

Affinity Publisher β版(1.7.0)

macOS Sierra (10.12.6)

Affinity Publisherの公式サイト

「環境設定」

Affinity Publisherのメニューバーから「環境設定」をクリックすると表示されるダイアログがこちら。

Affinity Publisher「環境設定」

ダイアログには、グループ分けされた12個のパネルが表示される。

  1. 一般
  2. カラー
  3. パフォーマンス
  4. ユーザーインタフェース
  5. ツール
  6. キーボードショートカット
  7. 自動補正
  8. 省略形
  9. フィラーテキスト
  10. タイトル例外
  11. ソフトウェアアップデート
  12. その他

ここから先は、それぞれのパネルの内容について記述していく。

※ Affinity Publisherはベータ版である。ところどころ日本語訳がおかしい箇所が見受けられるが、まずは現状の表記をそのまま載せることとする。

一般

Affinity Publisher「一般(環境設定)」
No.メニュー名
1起動時に前回開いていたドキュメントを開く
2忠実度よりも編集可能テキストを優先する(PSD、PDF、およびAI)
3HEIC深度マップを調整
4拡張子を自動的に非表示にする
5項目をSVGとしてコピー
6ドキュメントと一緒にサムネイルを保存してください。
7インポートしたPSDファイルで”保存”を有効にします。
8フィラーテキストをテキストとして挿入する
9外部変更時にリンクされたリソースを自動的に更新
10言語

カラー

Affinity Publisher「カラー(環境設定)」
No.メニュー名
1RGBカラープロファイル
232ビットRGBカラープロファイル
3CMYKカラープロファイル
4グレースケールカラープロファイル
5LABカラープロファイル
6レンダリングインテント
7└ 黒点補正
8└ 開いているファイルを作業スペースに変換する
9 └ 警告
10作業プロファイルを未プロファイルファイルに割り当てる際に警告する
11OpenColorIO設定ファイル
12OpenColorID検索フォルダ
13└ ファイル名に基づいてOCIO変換を実行
14 └ 読み込み時に変換を実行する場合に警告
15└ OpenEXRアルファチャンネルの関連付け
16└ アルファでEXRカラーを分割後
17└ ゼロEXRアルファを撹乱

パフォーマンス

Affinity Publisher「パフォーマンス(環境設定)」
No.メニュー名
1RAM使用量上限
2ディスク使用量警告レベル
3取り消し回数上限
4品質の表示
5└ グラデーションをディザリングする
6└ 正確なクリッピングを使用
7自動保存間隔
8ディスプレイ
9└ 統合GPUのみを使用
10Retinaレンダリング

ユーザーインタフェース

Affinity Publisher「ユーザーインタフェース(環境設定)」
No.メニュー名
1背景グレーレベル
2アートボード背景グレーレベル
3UIガンマ
4フォントUIサイズ
5UIスタイル
6ツールチップを表示するまでの時間
7ユニットタイプの小数位
8インポート時に背景レイヤーを自動的にロックする
9ラインをポイント単位で表示
10テキストをポイント単位で表示
11ブラシプレビューの表示
12ブラシ十字線を常に表示
13モノクロ図像
14レイヤーパネルで自動スクロールによって選択範囲を表示
15Touch barのサポートを有効にする

ツール

Affinity Publisher「ツール(環境設定)」
No.メニュー名
1ツールUIサイズ
2└ ^+クリックでコンテキストメニューを表示
3└ コンテキストメニューのタッチを強制
4└ 選択マーキーと交差するオブジェクトを選択する
5└ ⇪ モディファイアを使用してツールを切り替え
6└ ズームにマウスホイールを使用
7└ ‘スクラブ’ズームを使用
8└ Trackpadでキャンバス回転を有効にする
9移動ツールの縦横比制約
10テキスト作成時のブレンドガンマ
11微調整の距離
12モディファイア微調整距離
13└ ドキュメント間でツールを同期

キーボードショートカット

Affinity Publisher「キーボードショートカット(環境設定)」

自動補正

Affinity Publisher「自動補正(環境設定)」
No.メニュー名
1文頭の文字を大文字にする
2ストレート引用符をタイポグラフィ引用符に変更
3サポート言語依存の一重タイポグラフィ引用符
4タブを挿入せずにタブを使用して段落レベルを変更します
52つの頭文字、連続する大文字を訂正します
6入力された序数を上付き文字にする
7ビュレット付きリストを自動作成
8番号付きリストを自動作成
9入力中にテキストを変換

省略形

Affinity Publisher「省略形(環境設定)」

フィラーテキスト

Affinity Publisher「フィラーテキスト(環境設定)」

タイトル例外

Affinity Publisher「タイトル例外(環境設定)」

ソフトウェアアップデート

Affinity Publisher「ソフトウェアアップデート(環境設定)」
No.メニュー名
1アップデートの有無をチェック

その他

Affinity Publisher「その他(環境設定)」
No.メニュー名
1塗りつぶしのリセット
2ブラシのリセット
3オブジェクトスタイルのリセット
4テキストスタイルをリセット
5ユーザーデフォルト設定のリセット
6フォントのリセット

関連記事

コメント