【星空撮影記】秩父ミューズパーク(埼玉県) 2018.10.21 

星空撮影記&スターウォッチング

極大を迎えるオリオン座流星群をより良い場所で見たくて
秩父ミューズパークへ行ってきました!

県内で比較的近い場所の割に星空を見る環境は整っていて、行ってよかったです。
流れ星は見られなかったけど・・・星空撮影を楽しめました。

(訪問日:2018年10月21日)

星空撮影気象情報

2018年10月21日〜22日深夜

埼玉県秩父郡小鹿野町

  • 月の入り 
  • 星空指数 
  • 登山指数

データを記録しておかなかったため不明です。
具体的な数値は覚えていないのですが星空指数はとてもよかったはず。

秩父市の星空指数 - tenki.jp
秩父市の今日明日、10日間の星空指数を掲載しています。天体観察にご利用ください。気象予報士によるお天気解説や季節のコラムも人気です。
GPV 気象予報
スーパーコンピュータが予測する高解像度の天気予報. 地図上に5kmメッシュの詳細天気予報や予報の信頼度を図示. 最長10日先まで予測. 雨雪判別, 台風と低気圧進路, 気圧・風向・風速・雨量・雲量・気温・湿度・沿岸波浪予報.
秩父御岳山の天気 | てんきとくらす [天気と生活情報]
全国各地のレジャースポットのピンポイント天気。おでかけに役立つ服装予報も

星空撮影スポット情報

秩父ミューズパーク

住所・地図

埼玉県秩父郡小鹿野町長留2518

アクセス

  • 関越自動車道花園インターチェンジから国道140号を秩父方面へ約34Km、約50分
  • 飯能から国道299号を秩父方面へ約40Km、約1時間
  • 雁坂トンネルから国道140号を秩父方面約33km、約60分
  • 神流町中里合同庁舎から国道299号秩父方面へ約40km、約1時間

駐車場

秩父ミューズパークは広大で、駐車場も何箇所もあります。

私は「P10 展望台駐車場」に駐めました。

P10 展望台駐車場の駐車可能台数は151台。流星群の日だったからか、クルマはちょこちょこと来ていましたが、それでも常時10台程度。台数にはだいぶゆとりがあると見ていいと思います。近くに自販機とお手洗いがあるのもうれしいポイントです。夜も閉鎖されることなく出入り自由。星空観測も安心してできます。

展望台にも近いので、秩父の雲海を見に行くのにもおすすめの駐車場です。

公式サイト

星空撮影スポットまでのルート(埼玉県北本市から)

埼玉県北本市から秩父ミューズパークまでのルート情報です。

一般道で安く上げることも可能ですが、時間と運転のしやすさを優先して、関越道・皆野寄居有料道路を通るルートを選びました。

 
〈片道〉
 距離:61.9km
 時間:1時間20分
 有料道路料金:690円

※ 関越道の利用区間は東松山ICから花園ICまで(370円)
※ 皆野寄居有料道路は全区間(320円)
※ 料金は「ETC1.0・軽自動車・土日利用・深夜割引対象外時間」の条件で算出している

 

星空撮影体験記

オリオン座流星群を見てみたくて、比較的うちから行きやすい手頃な星空観測スポットである秩父へ行ってみようと思いたち、カメラを持ってやってきました。

 

オリオン座流星群とは

オリオン座流星群は,全流星群の中で二番目に速度が速い流星群です.そのため,明るい流星が多く,有痕率も高くなっています.眼視観測では観測しやすい流星群といえるでしょう.母彗星は1P/Halley彗星です.ピークはたいへんなだらかで,10月21日付近にピークを迎えます.

オリオン座流星群

オリオン座流星群(オリオンざりゅうせいぐん)は明るい流星群のひとつ。毎年10月19日から23日の間に東の空で見られる。オリオン座の中でふたご座との境界付近に放射点がある。比較的速度が速いため、明るい流星が多くみられる。

Wikipedia オリオン座流星群

  

秩父ミューズパークは敷地が広大で駐車場もたくさんあります。駐車場どこが良いかなぁとグーグルマップでざっと見てみたらですね、P10展望台駐車場ってとこが良さそうだなあと思ってんです。駐車場も広いし、駐車場のすぐ近くが広場になっているので、駐車場じゃないところで(クルマを気にすることなく)星空を堪能できるからです。

 

今日持ってきた道具は

  • EOS 6D + EF24mm-70mm f/4L IS USM
  • EOS Kiss X7 + EF-S10-18mm f/4.5-5.6 IS STM
  • 三脚

です。

6Dだけでもいいかなと思ったんですけど、超広角でも撮りたいかな?と思ってKissも連れてきました。EF-S10-18なら35mm換算16mmで撮れるので、EF24mm-70よりも広角で撮れるからです。

 

秩父ミューズパークに着いたのは日付が変わる少し前。
この日は夜も月が出ていたのですが、真夜中までには西の空に沈んで辺りが暗くなることを見越してこの時間につくようにした(気がします)

 

駐車場にはクルマが数台。広場にはちらほら。これから流星群の天体ショーがはじまるというのに、思ったよりは人がいませんね。わざわざこんな山奥まで来る人は少数派なのかな。

 

流れ星を肉眼でも見たいと思いつつ、星空の撮影もしっかりしたいので、広場に道具を持っていき準備をします。

周囲を山に囲まれているからか、とても暗いです。
じぶんの住んでるとこに比べて圧倒的に星が見やすい。

この広い空を撮りたい。
Kiss X7の超広角レンズで一枚撮ってみました。

EOS Kiss X7 | 10mm | F5.6 | 13″ | ISO 6400

オリオン座がのぼりはじめた頃合いでした。

 

星のグルグル写真、星の軌跡(日周運動)も撮ってみました。

EOS Kiss X7 | 10mm | F8 | 1062″ | ISO 100

露光時間は1062秒
約17分です

もっと長い軌跡が撮りたかったんですが、17分程度だとこんなものなんだなということがわかりました。

でも。
こうやって軌跡が写真になるっていうのはテンションあがりますね。

 

超広角もいいんだけど、広角すぎるってのも散漫なのかな、と思いまして。

6Dに切り替えました。

林に囲まれた場所から少し寝そべりぎみに。

EOS 6D | 24mm | F5.6 | 20″ | ISO 1600

さっきの写真よりもオリオン座が大きく写ってわかりやすい。
なにを写したいのか考えて、適度な画角を選ぶのはだいじだなぁ。

 

撮影してたらなにかが映り込みました。
なんだろう?

EOS 6D | 24mm | F4 | 25″ | ISO 1600

 

↑上の写真をトリミングしてみたのがこちら。

EOS 6D | 24mm | F4 | 25″ | ISO 1600

んん〜〜〜〜〜
なんでしょうね?人工衛星?飛行機?

EOS 6D | 24mm | F6.3 | 30″ | ISO 5000

ありきたりですが
こういう樹をシルエットにして星空の前景にするのはいいなぁ。

 

4時くらいまでずっといたんですが
結局流れ星を撮ることも見ることもできませんでした。
たぶん、写真をとるのに夢中になって気がつけなかっただけだとは思うんですが。
流れ星は見られなかったけど、流れ星を待つだけじゃない、ずっと見てたいと思える星空が秩父ミューズパークにはあったってことです。

だから見られなかったけどおっけーです。

 

今回はずっと立ってたから疲れちゃった。
寝そべるためのレジャーシートやスターウォッチング用のベッド?とか椅子やテーブルがあったら、適度に休憩しながら楽しめるんだろうなと思いました。

あとは飲み物。
自販機でも買えるんだけど、好きな飲物を水筒にいれてもってくるといいかも。
10月なんてまだ秋で冬ではないとはいえ、秩父は結構冷えます。

 

そうそう。
10番駐車場の近くにはお手洗いがあったんですけど、ずっと明かりが消えてたんですよね。帰る頃になったら点いてましたが。もしかしたら真夜中から明け方までは消灯しちゃうのかもしれません。

懐中電灯とか持ってれば利用できるのかもしれませんが…真っ暗闇だと防犯上の不安もあります。。24時間利用できるっぽいのですが明かりが消えてしまう時間帯があるかもしれないと考えておいたほうがよさそうです。

 

さいごに、ふたつだけ注意事項書いて終わりにします。

(1)買い物できる場所あまり無い
(2)野生動物注意

秩父はコンビニがあまり見当たりませんでした。
(北本市から向かうときに乗る)関越道で立ち寄れる嵐山PAは真夜中は営業していません。食料や飲み物などは、別途調達できる場所を確保しておくか、自宅に準備しておくかしたほうがいいかと思います。

秩父の道路(農道などではなく普通の道路)を走っていたときのこと、鹿に遭遇しました。停車してしばらく待っていたらどこかへ行きましたが。スピード(もちろん法定速度以内ですよ)を出していたら避けられなかったかもしれません。思い返せば、近くに動物注意の標識もあったように思います。秩父は野生動物に出会う可能性が高い場所と心得て夜間の運転は特に慎重になったほうがよさそうです。

 

ということで。
秩父ミューズパークに星空見に行ってきたお話でした。

コメント