【圏央道】狭山PA(外回り)@埼玉県 〜ハイウェイスタンプ集め〜

ハイウェイスタンプ「圏央道・狭山PA 外回り(埼玉県狭山市)」 C4@圏央道
ハイウェイスタンプ「圏央道・狭山PA 外回り(埼玉県狭山市)」

【ハイウェイスタンプ集め】

 訪問日 2018年1月15日

 高速道路名 圏央道(首都圏中央連絡自動車道)

 SA/PA名 狭山PA(外回り)

 所在地 埼玉県狭山市

 エリア(管轄) NEXCO東日本

 

【スタンプの絵柄】

 茶畑

狭山茶とは

「お茶香るまち・狭山」の代名詞といえば狭山茶。コクと濃厚な味わいが狭山茶の特徴です。市内には、約60の小売店舗と約40の茶工場があり、それぞれこだわりの茶を生産・販売しています。
2017年7月からは、生産者自らが生産・加工・販売を一貫して行う伝統的な「自園・自製・自販」という農業システムの「日本農業遺産」と「世界農業遺産」の認定を目指し、狭山市ほか10自治体と関係機関と連携して取組んでいます。


お茶香るまち・狭山
「色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす」とうたわれるように、狭山茶は、「静岡茶」「宇治茶」と並んで「日本三大茶」の一つとして呼ばれています。狭山茶の特徴はコクのある濃厚な味わいです。狭山茶は茶産地としては冷涼であるため、冬の間、茶樹を十分休ませることができます。これにより、茶葉の厚さが増し、また「狭山火入れ」という独特の仕上げ技術がうま味とコクを生み出します。

日本三大茶「狭山茶」

うさ吉

群馬出身埼玉在住。
趣味(写真や小旅行)についてつらつらと書き綴ってます。

うさ吉をフォローする
C4@圏央道
スポンサーリンク
うさ吉をフォローする
うさログ

コメント